DHA・EPAサプリ 通販

【必見!】DHA&EPAのサプリの完全ガイド

DHA&EPAについてのアレコレをわかりやすく、徹底的に解説しており、その上であなたに最も合ったおすすめサプリをご紹介しています。

ホーム » アーカイブ

魚の調理方法により変わるDHA・EPAの摂取量

所要時間 約 2分

私は煮魚が大好きで、スーパーで安い魚を見つけると煮付けにしてしまうことが多々あります。その為、子供たちも魚が大好きで週に何度かは魚料理を中心の献立にしています。

 

魚にはDHAと呼ばれる頭がよくなると言われている成分やEPAと呼ばれる認知症を予防できる効果が期待できる成分が含まれています。これから大人へと成長していくなかで子供たちはたくさんのことを勉強して覚えて、忘れないようにしていかなければなりませんので魚料理をもっともっと食べさせたいと思っています。

 

そこでDHAやEPAをうまく摂取する方法を調べていたのですが、魚の調理方法により摂取量が変わるということがわかりました。

魚の調理方法でDHA・EPAの摂取量がかわる!

例えば、生のお刺身はまだ子供たちには食べさせていないのですがこの生のお刺身が一番多くDHAやEPAを摂取できるのだそうです。

 

そして私がよくする焼き魚や煮付けについてなのですが、煮付けにする場合は15分以上魚を煮付けると成分が溶け出してしまうようです。長く火をつけるとわかっている場合はもともと薄味にして煮汁を飲むことで成分を摂取できるようにするのがよいそうです。そして焼き魚の場合はなるべく焦がさないように、脂を落とさないように焼くのがポイントだそうです。

 

なんだか聞いていると難しい気がしますよね。少しでも多く成分を摂取するための方法ですが、慣れてしまえば簡単なことです。薄味は体にもよいことですので試してみるといいですね。

DHA・EPAの豊富な缶詰

所要時間 約 2分

DHAやEPAをたくさん含む魚はたくさんあるのですが、魚を調理するのが面倒だと思っていたりうまくできないと思っている人も多いと思います。

 

私は父親が釣りが好きだったため、小さなころから釣った魚は自分でさばいて料理するというのが習慣になっていました。しかし、結婚して旦那のお母さんとご飯を一緒に食べようと思った時、旦那のお母さんは魚をさばくのも苦手、さわるのも苦手でなかなか魚料理を食べることはないと言っていました。

 

人それぞれ得意料理があるとは思うのですが、魚にはたくさんの栄養分が含まれているのでいつまでも健康で過ごしてもらうためにはやはり魚を摂取してほしいと思い、魚をうまく食べる方法を調べてみました。魚の中に含まれている成分であらゆる病気を予防することができる成分はDHAやEPAと呼ばれるものです。

 

この成分をしっかり摂取しようと思うと、魚の缶詰を食べるとよいそうです。魚の缶詰ですと温めるだけですぐに食べることが出来ますし、魚を触る必要もありません。なおかつ骨までやわらかく煮込んでいるため魚の栄養分をとりこむことができます。

 

サバの缶詰やイワシの缶詰に特に多く含まれているようですので魚の調理が嫌いでなかなか食べる機会がないと言う方はおつまみに魚の缶詰を食べてみるのはいかがでしょうか?缶詰ですと1缶150円ぐらいで販売されていますので値段もリーズナブルです。魚の栄養分を摂取したくても調理が苦手な方は缶詰を食してみることをオススメします。

DHA・EPAの豊富な魚

所要時間 約 2分

血液をサラサラにする効果と血流を良くする効果が期待できることからたくさんの人が摂取したいと思っているものがあります。それはDHAとEPAです。

 

サプリメントも販売されているのですがとても人気が高く、認知症の予防もできるということで高齢の方も購入されている方が多いようです。そんなDHAやEPAなのですが、サプリメント以外でももちろん摂取することが出来ます。ではDHAやEPAがたくさん含まれている食品はどのようなものがあるのでしょうか?

 

DHAを多く含む食品

 

DHAを多く含むのは魚介水です。特に多いと言われているのはアンコウの肝です。

しかし、普段なかなか食べる機会が少ないですよね。普段食べられる魚で一番多いものはというと、マグロやブリに多く含まれているようです。マグロですと特に大トロの部分が一番多いようですね。そしてEPAはというとマグロの大トロの部分にもたくさん含まれているのですが、マイワシにもたくさんのEPAが含まれているようです。

 

大トロですとなかなか手が出せないかもしれませんが冬はブリが安く手に入りますのでブリ大根やブリの照り焼きなどを食べるとDHAをたくさん摂取することができます。そしてマイワシですと3枚におろしてフライにしたりかば焼きにしたりすることができます。他にも魚にはDHAやEPAが含まれているものが多いので、魚が好きな方は魚中心の食事生活に切り替えてみるといいですね。

 

少しでもたくさんのDHAやEPAを摂取できるように魚料理のレパートリーを増やしてみるのはいかがでしょうか?

最近の投稿
DHA・EPAとは
DHA・EPAがよい理由
DHA・EPAがたくさん含まれているもの
DHA・EPAのサプリの種類・買い方
メタ情報
当サイト一押しDHA&EPAサプリメント
みやび     DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン