DHA・EPAサプリ 通販

【必見!】DHA&EPAのサプリの完全ガイド

DHA&EPAについてのアレコレをわかりやすく、徹底的に解説しており、その上であなたに最も合ったおすすめサプリをご紹介しています。

ホーム » DHA・EPAがたくさん含まれているもの » 魚の調理方法により変わるDHA・EPAの摂取量

魚の調理方法により変わるDHA・EPAの摂取量

所要時間 約 2分

私は煮魚が大好きで、スーパーで安い魚を見つけると煮付けにしてしまうことが多々あります。その為、子供たちも魚が大好きで週に何度かは魚料理を中心の献立にしています。

 

魚にはDHAと呼ばれる頭がよくなると言われている成分やEPAと呼ばれる認知症を予防できる効果が期待できる成分が含まれています。これから大人へと成長していくなかで子供たちはたくさんのことを勉強して覚えて、忘れないようにしていかなければなりませんので魚料理をもっともっと食べさせたいと思っています。

 

そこでDHAやEPAをうまく摂取する方法を調べていたのですが、魚の調理方法により摂取量が変わるということがわかりました。

魚の調理方法でDHA・EPAの摂取量がかわる!

例えば、生のお刺身はまだ子供たちには食べさせていないのですがこの生のお刺身が一番多くDHAやEPAを摂取できるのだそうです。

 

そして私がよくする焼き魚や煮付けについてなのですが、煮付けにする場合は15分以上魚を煮付けると成分が溶け出してしまうようです。長く火をつけるとわかっている場合はもともと薄味にして煮汁を飲むことで成分を摂取できるようにするのがよいそうです。そして焼き魚の場合はなるべく焦がさないように、脂を落とさないように焼くのがポイントだそうです。

 

なんだか聞いていると難しい気がしますよね。少しでも多く成分を摂取するための方法ですが、慣れてしまえば簡単なことです。薄味は体にもよいことですので試してみるといいですね。

 

この記事に関連する記事一覧

最近の投稿
DHA・EPAとは
DHA・EPAがよい理由
DHA・EPAがたくさん含まれているもの
DHA・EPAのサプリの種類・買い方
メタ情報
当サイト一押しDHA&EPAサプリメント
みやび     DHA&EPA+N-アセチルグルコサミン